* 交通事故にあった方へ

 交通事故の被害にあった後、相手の保険会社の担当者から心ない対応をされて2次被害にあう方が多いようです。 特に、むち打ち被害の場合、検査上の異常がはっきりない場合には、医療機関に働きかけて、治療を打ち切るよう迫るといった悪質なケースも散見されます。

 また、素人である被害者に対し、プロの保険担当者が、低額な示談を迫ることも多いようです。

 交通事故の被害については、けがが元通りに治るか、可能な医療を尽くしたけれども後遺症となって一生治らないことが確定する段階(症状固定)にならないと、賠償金の計算ができません。長く苦しめられたら高くなるため、途中で計算を打ち切って示談するということは普通しません。

 症状固定の段階になったら、相手方の保険会社から、損害項目(治療費、交通費、休業補償、慰謝料など)ごとの明細を示した示談の提案書を受け取って下さい。
 それが正当かどうか疑問を持ったり、納得がいかない場合は、一度弁護士にご相談下さい。

 裁判所で認められる額を計算して、適切な額かどうかが判断できますし、あまりに開きが大きい場合は、弁護士が間に入って交渉等を行う方がよい場合もあります。

 一度示談してしまうと、その後の請求は原則として認められませんので、ご注意下さい。