* 医療事故調査、解決のすすめかた

 医療機関で、事前の説明と全く異なる結果が生じた場合など、納得のいかない場合で、真相究明をしたいとお考えの方のうち、将来損害賠償請求も考慮されている方は、医療事故を扱う弁護士に相談されることをお勧めします。

 医療事故ではないかと疑われるケースでも、やむを得ない結果の場合もあれば、医療機関に責任があると思われる場合もあります。

 カルテ等を検討し、医療上の問題の有無、法的責任の有無について調査することが必要です。

 調査の結果、問題がないと考えられる場合は、その旨文書で報告致します。問題があると考えられる場合は、さらに相手方医療機関との交渉等の手続きについてご説明致します。

 交渉等を選択されるかどうかは、説明の上で、依頼者の方が決めて頂くようになります。

 一般的に、弁護士に対する相談をしても、必ず依頼しなければならないという拘束力はありませんので、疑問をお持ちの方は一度ご相談されることをお勧めします。

* 勝訴判決報告
 胃カメラ検査中に、前投薬であるキシロカインによるショックで死亡した患者の遺族が医療機関を訴えた訴訟で、2005年12月15日、福岡高裁は、1審の原告敗訴判決を取り消し、医療機関の責任を認める判決を下しました。

 1審は、患者の死因を脳幹部梗塞も疑われるとした上で、医療機関の過失を否定しましたが、高裁は、死因を正しくキシロカインショックと認定し、投薬の前後に十分な問診・検査を行わなかった責任と、十分な救命処置を行わなかった責任を認め、逆転勝訴の判断を下しました。

 この判決は、稀ではあっても実際に起こりうるキシロカインショックの病態を正確に捉え、的確に判断したものです。

 また、救命措置の適否については、本来あるべき記録がないこと、特に、心電図記録については、「そもそもなかった」「あったけど紛失した」という不合理な弁解を繰り返して提出をしないという不自然な対応に対し、客観的証拠を提出できない医療機関に立証責任を負わせました。

 密室の出来事で、何も情報の得られない患者・遺族に、ことさらに詳細な責任原因の立証を求め、責任がないからではなく、証拠が隠されたから裁判に負けてしまうという不公正を認めない画期的な判決で、他の医療過誤訴訟にも大きく影響を与えるものです。

(2005.12.16西日本新聞朝刊(福岡都市版)に、私のコメントが掲載されています。)